画像

40歳過ぎたら転職できないよ!

はじめに言っておきます。

「社会人人生40年の間はいろんなことがあります。どんなことがあっても、ブランクを空けないようにしましょう。」

「ブランクを空けないように」というのは、何があってもできるだけ無職(ニート)の期間を作らないように努力すべきだということです。

40歳過ぎて何らかの理由で会社を辞めてしまった場合、過半数の人が正規社員に復帰できないのだそうです。

そして、会社を辞めた40代の人のその後のブランクが長ければ長いほど、ほぼ以前のように正規社員として働くことは絶像的になります。

そうならないためにやることは何でしょうか?

それは、転職市場で価値の高い人間になることなのだそうです。

転職する必要がない大企業に入社できれば問題ないじゃないか?と思う人も多いでしょうが、そんなことはありません。

大企業も倒産やリストラの可能性は大いにあります。
そして大企業の社員の方が、これまでいろんな苦難にもまれてきた中小零細企業の人材よりも、キャリアで劣るケースが多いと言われています。

はっきり言うと、大企業の社員であることにかまけて、ぬるま湯の中でキャリアの研鑽を怠っている人は、企業側の都合で退職に追い込まれたとき、転職市場価値が乏しいため、人生が摘んでしまうというわけです。

なので、もう一度言います。

40過ぎて職を失ったら、再就職はかなり難しくなる。
そうならないためには、会社にいるうちに、転職市場で第三者の高い評価を受ける人材に自分自身を磨き上げて置くこと!

公務員、大企業の一員だからと言って、小さな安心は買えても、一生安泰とは到底言えません。

クビにされたら、タダの人。
今までのあなたのキャリアを、転職市場でいやらしいほど、じっくりと吟味され品定めされます。

今どの企業にいるかではなくて、自分のキャリアの市場価値を高める努力をしましょう。

40歳過ぎたら転職できないよ!

女性が転職するコツ

サラリーマンの苦労


満員電車の克服法

Copyright 40歳過ぎたら転職できないよ!